FC2ブログ
TOP伺か ≫ 【あるにて】あるいは可能性の終点にて更新【伺か】

【あるにて】あるいは可能性の終点にて更新【伺か】

『あるいは可能性の終点にて』更新しました。
・ランダムトーク追加
 基本+29 日常A+8 日常B+18 その他+8
・切り替え反応追加
 Dream of butterfly
 コロナ死因目録
 カッシーニの空隙
  カッシーニの空隙は切り替え反応頂いたので呼応する形で追加です。ありがとうございます。
  ワードに対応して反応しようと思ったんですが、ちょっと調べた程度じゃ上手くいかなかったのでひとまず放置。
  向こう側で切り替え反応の追加、変更、削除が行われた時にちょっと違和感が生まれるぐらいなので許して。
・当たり判定修正
 お腹の判定小さくしました。
 まだまだ当たり判定やバルーンの視認性などのユーザビリティは特に改善点があると思うのでちょこちょこやっていきます。


 以下ゴースト開発開始時点では音声導入を考えていたよ、という雑談。




 音声、ボイスを入れようとした理由は二つあって、
 東北きりたんのピッチをいじっていたらキャラクターのイメージにかなり近くなった点。
 もう一つが界隈の外へアピールするならボイスが付いていたほうが良いのでは?という意見に理を感じたため。

 ただ実際に試してみると労力がとんでもなく増えるわ、3Dモデルをシェルに使って目パチさせているせいかテキストと音声のずれ、口パクしていないことに非リアルっぽい違和感が強いわ、口パクさせるにも動かすことに適した表情が少なかったり、適当と音声を同期させようにも文章のほうを基本に同期させることはできないとか……まぁとりあえず問題ばかりで無理だなと諦めました。

 一応各手法と、そのメリットデメリットをまとめていたので公開。
 テキスト同期は文末などにウェイトをひたすら手動で組み込んだ場合の話です。

## ボイスなし
・メリット
 リリース確率が上がる。
 リリース後の更新頻度が増える。
 容量が少ない。
  以上三つの逆がボイスありの際にデメリットになる。
・デメリット
 特に無し。

## ボイスあり(テキスト同期
・メリット
 ゴーストの特徴になる。
 トークを耳で見れる。
 新鮮味や生きている感覚が増える。
・デメリット
 労力が五倍ぐらいになる。
 バグや不具合を招きやすい。
 きりたんのイメージが強い人にはキャラ像がぶれる。
 トーク表示が遅い。
 完全に同期できるわけではない。

## ボイスあり(テキスト非同期
・メリット
 ゴーストの特徴になる。
 トークを耳で見れる。
 単純なボイスありと比較してテキストに視認性、トーク内容の把握に優れる。
 以上を最低限のコストで生み出せる
・デメリット
 労力が二倍ぐらいになる。
 バグや不具合を招きやすい。
 きりたんのイメージが強い人にはキャラ像がぶれる。
 ボイスにテキストが同期していない=表情がずれるので、シェルを見ていると尋常じゃない違和感に襲われる。


####

 と、簡単にまとめてもこんなものでした。
 そもそもゴーストにボイスは必要なのかという問いに対して、わたしは不要だと考えます。
 一番のメリットとしてはトークを視認することなく確認できることがあるけれど、これはネットサーフィンなどの軽度な作業時のみに有効。
 創作しながら、音楽を聴きながら、ゲームをしながら、他ゴーストと同時に起動させる、などのゴーストの運用方を考えたら、音声は不都合な点が多い。
 これは実装する際のリソースや自然な動作をするよう調整する労力などを無視しても揺るがないかと。


 次回の雑談のネタはシェル、特にVカツでのモデル設定を話題にしようとずっと考えていました。
 次回の更新のネタはずっと考えても特に思いつきませんでした。次いつ更新されるんだろうね。
スポンサーサイト
伺か | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする