FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年06月
ARCHIVE ≫ 2017年06月
      

≪ 前月 |  2017年06月  | 翌月 ≫

【感想】うたわれるものシリーズ【CS】

package.png


『うたわれるもの』『うたわれるもの 偽りの仮面』『うたわれるもの 二人の白皇』
 本記事では主に二作目、三作目について触れます……一作目触ったの何時でしょう。

 シリーズとしては、獣の耳と尻尾を持ったヒトの中に、常識も力も無く脆弱な人間である主人公が世界に放り込まれ、知識を駆使し生々しい戦争を経験しながら世界の本質、主人公がどういった存在なのかを掘り下げていくSLGADVゲーム。
 というのが特徴でしょうか。感覚としては異世界物が近いのかも知れません、全然違うんだけど。


 二作目から触れていきましょう。

・ストーリー
 過去作同様ひ弱で常識を持っていない主人公が、どうにか悪知恵を働かせその場凌ぎを繰り返し、気づけば成り上がって国を左右する立場に位置している。
 仲間になる皆は素性も知れなければ、大した掘り下げも無く気づけば同じ路を歩んでいるような連中ばかりで、こうした仲間と共にする国の命運や彼、彼女らの人となりを真に知るのは三作目……と二作目はほぼ導入と割り切った方が良いレベルです。十分本作だけでも楽しめるのですけどね。

 導入部分とあり尺が足りなかったり、未熟や成長過程のキャラが多くストレスを抱く時間も少なくはありませんが、物語が崩れ始める序破急の急、終盤に至った時からは既に物語へと引き込まれていた体を己の意思で傾ける事になるでしょう。
 愉快な仲間達との日常や、時折見せる世界の裏側に血生臭さ、そして二作目の幕締めは是非その身で味わって頂きたいという他に無いです。

・グラフィック
 線の使い方から、影まで美しいの一言。
 SLGパートで扱われる3DCGも特筆するものではないが、綺麗に見えるし何より気持ち良く動く動く。エフェクトも派手でありながら、視認性を保っており言うべきことは無し。

・音楽
 全体的に流れるような律動感あふれる曲や、しんみりとした曲が突出して印象に残ります。
 『不安定な神様・劇伴』はイチオシ。

・ゲーム性 SLGパート
 育てて殴ればよい部類ではなく、陣形からバフデバフまで戦況全てを考慮して丁寧に進めなければ難易度ノーマルでも厳しい塩梅。
 理に適った戦争状況に戦術はここにも表れ、けれどビジュアルまではそこまで付随するつもりはなかったようで、そのような堅実な立ち回りを求められるものの、実際にキャラクターが戦う姿はファンタジー設定活かして華麗に皆が踊り、プレイヤーはそれに合わせてタイミングを合わせボタンを押す事で更にアドバンテージを得られる仕様。純粋に殴り合っていて飽きません。
 繰り返し遊べるようなものではないと思うのですが、かなり良い出来ではないかと(シナリオ読み進めたくて戦闘飛ばしたくなる時が生まれる本末転倒は放置して)

 二作目では若干物足りなかったUIや仕様は三作目ではほぼ改善されて、連携攻撃という戦術でもビジュアルでも映える要素まで盛り込んでくれたのは非常に嬉しい所。

・総評
 一作目。世界観を元に今後脇役として華を添えるキャラ達。この時点で作品としてはこれ以上無い架空戦記物、衝撃的展開、SLG要素を持ったノベルゲームとして成り立っている。
 二作目。一作目を引き継ぎながら、新しい物語の基盤となる部分。三作目の導入と言い切れるものではなく、若干尺や風呂敷を広げたままではあるもののなまじ質が良いせいで次を早急に求めてしまう。
 三作目。堂々と胸を張れるうたわれるもの完結編。

 三部作全て揃い良作からそれ以上の何かに昇華する作品。
 これ以上飾る言葉が見つからない傑作です。


 以下ネタバレ込みの感想を。
スポンサーサイト
CS | Comments (0) | Trackbacks (-)