FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年02月
ARCHIVE ≫ 2017年02月
      

≪ 前月 |  2017年02月  | 翌月 ≫

【感想】あけいろ怪奇譚【エロゲ】

akeiro.jpg
 四人の女子生徒が立て続けに自殺した。
 その衝撃的な事件は一部の生徒たちの間で不謹慎な盛り上がりを見せ、いつしかこう噂されるようになった。
 四人の女生徒は学園の七不思議の一つ、『旧校舎の幽霊』に呪い殺されたのだ……と。
 多くの者にとってはくだらない噂であり、その他大勢の一人である佐伯社にとってもそうであった。
 しかし、社には無視しきれない理由があった。
 四人の女生徒が自殺してから、奇妙な夢にうなされるようになったのだ。
 熟睡することができず、日に日に、自覚できないほど緩やかに衰弱していく中、社の前に一人の少女が現れる。
 ベルベットと名乗った不思議な少女は、社に告げる。
 ――あなた、呪われている。  ――公式サイト


 本来霊の見ることすらできない霊的素質皆無な主人公が、呪われたせいで霊的な存在と密接になり、なんか誰よりもラスボスの風格漂わせる霊能探偵所長の下、吸血鬼や土地神、単に霊視能力のあるクラスメイト、その親戚、過去作であるなないろリンカネーションの主人公及びヒロイン一同と霊に立ち向かう話。
 ホラー要素を含むが終始恐ろしい雰囲気ではなく、しっかり日常ではギャグで笑わせてくるし、霊的な存在で敵意を見せる相手もそれほどではないので威圧感は少ない。ただショッキングなイラストや、派手な演出は行わないものの怖いものは怖く見せてくるので、苦手な人は厳しいかも。
 過去作キャラが結構重要な立ち位置に居ますが、本作のみでも減点対象にはならないかと。必要な説明は端的に済ませてくれるし、本作キャラの出番を奪っていく感覚も無い。キャラに対する愛着や、後日談的なフレーバーは当然プレイしていたら楽しめると思います。

 日常のギャグというかノリが独特かつ秀逸で、各ルートで表現したいコンセプトもしっかりとしたシリアスで表現されている。
 メイン要素であるホラーは当然、恋愛要素やそこから発展するエロも上質……この辺全て両立できるゲームってそうそう無いですよね。やばくね。

 シナリオは明確にラスボスを示しており、それを弱体化するために七不思議を解決していくというわかりやすい構成。
 それでいて呪いに関する謎や伏線は一見複雑で、最終ルートまではどういうことだと頭の隅に残るものの明かされてみれば笑ってしまうようなものも多く。

 久しくエロを評価できるエロゲ(混乱)
 艶めかしいイラストに、ストーリー進行上自然に織り交ぜられる情事。テキストは端的に余分な表現を省いて必要な描写を、けれど盛る時はしっかりと盛り。
 衣装やシチュエーション含めバリュエーションも揃え質量ともに良し。あとわたしはどちらでもいいですが隠語に修正無しです。

 主軸であるホラー要素も良質。
 グロテスクだったり、おどろおどろしく心臓が冷えるようなイラストは扱うものの、派手な演出で責めない好みなタイプ。
 ショッキングな描写も影を先に出したり、テキストや音楽で来るぞ来るぞと心の準備を許してくれる。たまに予想を上回る恐怖が存在し、一瞬遅れて「これこえぇー!」となる構成はホラーの味を損なわせる慢心を許さない。


 劇的な恐怖はないものの、終始どこか切ない感覚はプレイしていて付き纏い、グランドというか色々と種明かしされる最終ルートですら割り切れない感覚が多い。
 開発側が伝えたいメッセージの一つにもそれが顕著に出ており、正しさ、善とはなんだろうな……と思い知らされる。正しいことは通用せず、生と負は逆転しやりたいことをやってしまえば周囲からは悪と見做されて。仕方無しに取った選択は最善とも言い難いどうしようもないもので。
 ただ、作中でも発せられている通り「あぁ、優しさは確かにあったな」と心地の良い憂いが読了感と言えるでしょう。

 ホラー好きではないけど苦手ではない、その程度の耐性がある人ならばおすすめできるエロゲです。


 以下ネタバレ込みの感想を。
スポンサーサイト
エロゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】湖岸の盲点【フリゲ】

top.jpg

 公式サイト


 犯人視点から物語が始まり、そこから主人公である小此木くんが登場し問題を解決していくミステリーノベルゲームに分類される。
 厳密にはタイトルは「小此木鶯太郎の事件簿『湖岸の盲点』」になるのだが、わたしはまだ湖岸の盲点しかプレイしていないのでこちらの方を今回は採用で。
 小此木鶯太郎の事件簿シリーズとしては第一作目で、なんかコミック化してたり後続に二作品出ているそうです。

 特徴としてはやはりミステリー物としては少ない犯人視点から物語が始まることに、所謂読者への挑戦状(ミステリー界隈でよくあるやつです)が作中で指摘されていない"犯人の犯した四つのミス"の指摘をプレイヤーに委ねられている事です。
 当然挑戦せず物語だけを読み進めても問題はないのですが、推理物好きでせっかく触れるのであれば、ギリギリ四つ全部わかるか? といった具合の難易度で、種明かしされた時も「あぁそうだった!」と納得させられてしまう塩梅なので是非挑戦してみましょう。
 ちなみにわたしの正答率は3/4でした。悔しい、非常に一足りなくて悔しい。


 湖岸の盲点のあらすじとしては、

『汚染された湖を融資を受け綺麗にした犯人が、融資してくれた恩人がリゾートホテルを建てようとするから犯行に至ってしまった……』

 です。
 丁寧な心理描写に、推理に不要なノイズは省かれつつも、綺麗な湖に関連する風景は明瞭に脳裏に描かれる背景、そして満を持して現れる主人公小此木くん。
 殺すまでは至らないものの気持ちはわかるぞ犯人……! 金銭的なメリットだけを追い求めていたわけではないんだよな被害者……! そしてそれを理解して罪を暴かなければならない刑事……!
 報われねえ! 湖に執着するが故に僅か狂ってしまった犯人と、少し描写が足りない上、掴みどころのない性格をしている主人公を除けば、どこもかしこも納得できる作品。
 あぁこんなエピソードを秘めた場所が実際にどこかにあるんだろうな、こうした事情から仕方無く発生してしまう犯罪もあるんだろうな、人間だもの犯行に至る際そのようなミスをするよな、と郷愁にも似た感情すら抱く。


 ――故に、最後のミスを指摘するシーン、夜の湖でのシーンは苦しさを覚えないわけが無く。


 短いし無料なので推理物好きな人にお勧め、推理抜きにし単純に読み物としても十分価値があるかと。


 最後に。
 やはり3wのWhydunitは大切だなぁ(しみじみ)
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】妖刀伝【フリゲ】

10879_2.jpg


 むかしむかし、一振りの妖刀があった。
 その刀を手にした者は、例外なく呪われた運命を辿るという・・・

 さあ、今日もまた妖刀が目覚めようとしている。
 あなたは、どのような物語を紡ぎだすだろうか。  ――DLサイト



 狭い街に、ほぼ一点のみのエンディングながらも、攻略手順、ロールプレイに自由が効くフリーシナリオRPG
 ある程度限られているからこそ、作品は削磨され、プレイヤーも飽きることなく数えられる手札をどう切るか考えるのだなぁと感心させられるほど。

 誰一人善人を殺めることなくグッドエンドに向かうのもよし、無辜の民を一人残さず虐殺してもよし、如何に早く中断エンディング以外を迎えるか試してもよし、とフリー(自由)シナリオならではでフリーダム(無秩序)に遊べる。
 虐殺ルートにも行く気マンマンだったが、一人残さず殺すことが所謂TrueENDより難しいことに気づいた時点で、心地の良かったグッドエンドだけで終わろうと断念……皆殺しを果たすには一度も乗り移っちゃダメってのは盲点だったな!安易に最強キャラに乗り移って暴れようとしたわたしが悪かった!

 実績やサイドストーリーも多々ありボリュームも申し分無し。
 メインのストーリーはよくもまぁこんな"奇天烈なコンセプト"で"綺麗な王道"かましてるなと驚くほど。
 上記のジレンマが最大の驚きではあるので、メインストーリー自体にハッとするような仕掛けはあまりないものの、全体的にわかりやすく&気持ちよく綺麗にまとめてくれるうえ、要所ではしっかりと驚くような演出を見せてくれる。


 フリーシナリオ好き、どのように攻略するか段取りを組むのが好き、というか妖刀になりたい、そんな人にお勧めのゲーム。
 ……最後は雑になったが、斬るor乗り移るという画期的なコンセプトに惹かれとりあえず触ってみたらわたしははまったので、皆さんも何となく惹かれる場所があったら触ろう。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】天使はトラックで轢き潰す。【フリゲ】

12176.jpg


 神さまの事が大好きな天使がなぜかトラックに乗って暴れるお話です。
 シフトキーでトラックのギアを雑に切り替えて
 雑にドカンドカンぶつかる作業です。  ――DLサイトより。



 なんかぶっ飛んだタイトルで、なんかぶっ飛んで色々放り投げている概要だがこれ以上適切な表現が無い。以上。

 ……では誰かに怒られるのでもう少し掘り下げて紹介すると、天使がナニカをひき潰す事で徐々にトラックを強化でき、行ける場所、出てくる敵、そして明かされる物語の真相は――? といったところ。
 クリアまで一時間満たないので、ナニカをぷちぷち轢くのにも飽きた頃合にはトラックは強く、ストーリーは異変を見せ始め、ステージも今までの基本を踏まえながら様々な変化を楽しめるので、あまり飽きるポイントが無い点も評価できる。

 ネタバレにならないギリギリだと、同作者様の過去作同様、熱いシナリオに演出、それに温もりと重さを持ったメッセージが伝わるいい作品だ。
 個人的には単調な作業が嫌いなので、開始十分で潰すのにも飽きて投げ出したかったが最後までプレイして良かったと思えるものでした。


 以下ネタバレのような何か。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】結晶石と錬金銃【フリゲ】


0100a.png


 とある世界の錬金術と傭兵産業が栄える国。
 その国でも小さい領シャンノース。最近は
 希少品の『結晶石』がずいぶんと落ちているが?  ――公式サイト


9999.png


 非常に珍しい2Dガンシューティング。
 商業作品を持ち出すならタイムクライシスシリーズから、隠れるアクションを取ったり、グラフィックの大きな動きを抑える代わりに、特定条件で見せる弱点や攻撃動作に入った敵を集中的に攻撃して行動阻害、ブレイクするシステム、弱点属性で攻撃せねば有効打にならないなど戦術的な要素を重視している。
 驚くことに前例が無いシステム(わたしは知らない)でバランス調整に成功しており、声優の起用やオリジナルグラフィックの多様と、フリーゲームで発表したことに様々な方面のこだわりを感じさせる。

 ストーリーは開発の川崎部特有の独特な世界観を持ったまま、メタい発言を自然に作品に溶け込ませられるようなスタッフの性癖丸出しのキャラクター達。
 とんでもない次元で話を進めていくのだがプレイヤーが置いていかれる事は無く、実績を満たすことで開放できるエピソードや各話で一歩一歩進む展開で理解しやすい造りになっている。多分理解しないでも流れで楽しめる。
 エンターテイメント性は壮大(マクロ)に繰り広げられる物語で遺憾無く発揮され、その裏で伝えたいメッセージ性は実際のところ非常にミクロで共感を覚えやすい。
 独特の世界設定から盛り上げやすい展開はもちろん、王道の要所要所おさえる箇所はしっかりとおさえてくれて、クライマックスでは没入感すら吹っ飛びよくやってくれたとガッツポーズを決めたいほど。

 戦闘はWASDの四ボタンで武装を切り替え、マウスカーソルを合わせ左クリックで射撃、右クリックでリロード。
 操作や覚えるシステムは若干多く感じるかもしれないが、それら全てが必要になる頃は中盤に差し掛かっているだろうので上手くスキルアップできているはず。
 最悪詰まった場合は味方に助力を請うなり、最終奥義である資金の吹き飛ぶ錬金銃の引き金に指を伸ばそう。


 一部UIやマップに不満を感じるものの、全体的な出来は非常に良くて、
 気持ちの良いガンアクション、熱いストーリー、気になったキャラが居れば是非触っていただきたい作品。


 あと、銃。
 途中で気づいたがこれ銃好きになるゲームだわ。
 現実に存在する銃器をモデルに、製作者の名前が刻まれた銃。
 FPSと括られるミリタリーゲームでは、装弾数、リロード時間、リロード方法、発射間隔、威力、発射方式、射程(ここは無い)辺りまで設定されているが、このゲームは更に対物or対霊属性に加え、弱点を狙った際の倍率、弾の性質などファンタジー要素にあわせて追加されている。
 それも仕事で得た報酬から職人達に投資を行い、それぞれ個性を持った職人達が異なる理念を持ち銃を開発させていく。
 開発途中で迷走し武器の性質が大きく変わるタイミングが存在するのも面白ければ、投資段階に応じて添えられてくるメッセージも面白い。
 時折製作者本人が顔を見せサブシナリオの役割を果たすのも素晴らしいのだが、何より素晴らしいのはクライマックスにおける各員の動きに投資の最終メッセージ。

 恐らく好みのスタイルや、攻略に適した銃器編成を確立できるだろうが、様々な銃を触って、製作者のストーリーといった方面からもお気に入りの銃を見つけてほしいです。
 従来のFPSゲームを置いてここまで銃の特性を考え、それぞれの組み合わせを考えたのはアーマードコア4以来二度目(銃カスタムやRPの効くFalloutでは何故か近接メイン)


 以下ネタバレ込みの感想を。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】グランブルーファンタジー【ネトゲ】

gallery_01.jpg


 空の彼方、約束の地へ

 -想像を超えるクオリティではじめる本格RPG-

 グランブルーファンタジー  ――公式サイト


 以下グラブル、わたしは2016/12月頃から一旦離れているので最新の情報ではない可能性があります。


 ~2016/1月辺りまで炎上だの何だので注目を浴び、わたしもそれで興味を向けて一年近くはまり続けたゲーム。
 実際のところ炎上についての結論から触れると、話題を集めれば儲かる桶屋の人々が、課金に関わる要素で不明瞭だった点に付け込んで稼いでいた……ってのがわたしの見解。
 課金形態は不十分だった点は既に改善されており、ガチャから排出される全てのアイテムの確率表記、短期間ピックアップされるアイテムをゲーム内アイテム含め九万円分回した場合、ピックアップの中から選んで取ることのできる所謂天井システム、それに加え本来あったサプライズガチャ……三千円支払えば十連ガチャチケットのおまけで、好きなキャラ取れますよというシステムが相まり他所よりはお財布に優しいと思われる。
 他ゲーでは貴重な行動力回復アイテムも、イベントややたらコスパの良くなったゲーム内カジノ、あとはガチャでキャラがダブった時に押し付けられるアイテムで湯水のように使えるレベル(これはこれで問題なのだが)

「じゃあ炎上要素の無い素晴らしいゲームなの?」

 という問いには否と答える。
 期間限定のキャラがメタに君臨していたり、重課金編成の調整を失敗してゲームバランス問題を指摘されたり、新規三大プロジェクトを掲げながらも、いざ実装されてみれば単調な作業で時間を割く必要のあるコンテンツで不評を買い、内二つを初期構想から見直しと撤回(一つは一度も実装されていない)その後始末かGOサインをだしてしまったプロデューサーの首が代えられたりと色々やってる。
 メインストーリーは王道RPGで興奮したり感動し、サイドであるイベントは笑ったり泣いたりできて、グラフィックは可愛いカッコイイを備える耽美なもので、そうしたイラストに豪華声優を付けられたキャラクター達は活き活きとしていて、音楽は壮大な物から安らげる綺麗なものを揃え――じゃあなんで恒常のボスをちまちま倒し装備を整え、イベントで必要数の少ない装備やキャラを集めて最前線で戦える初期で取れていたゲームバランスを何故後から崩すのかねと(おこ)

「結局どうなのさ!?」

 と紹介なのか感想なのか、単なる揶揄なのかわからないこの記事に収拾をつけるならば、

「頭を使ってゲームがプレイでき、尚且つ時間がある人には神ゲーかもしれない」

 と残そう。
 触ればすぐにわかるがグラブルはソーシャルゲームの皮を被った何かで、実際のところMMORPGに近い。
 装備を迅速に集めることの出来る段取りを組み、集まった装備の組み合わせで最高の効果を示す編成を有志が作った計算機叩きながら、他の人と肩を並べて戦うマルチバトルでは慎重な立ち回りが求められる(上級者以上)

 次いで時間が問題。
 イベントはスケジュールの隙間なく埋められており、頻繁にある恒常ボスとの戦闘回数が引き上げられるキャンペーンが実施されようものならわたしが最低限やっておきたい日課をこなすだけで二時間。
 ここから更に新しいことにチャレンジしたり、団(クラン)対抗イベントが発生しようものなら常にPCかスマホでグラブルを起動せねばならなくなる。
 随分と欲張った個人の感想ですが、この時間占有があまりにも酷くてわたしは面白いゲームと認めながらもグラブルからは一旦手を引いている状態です(他コンテンツとの距離が一気に遠くなる)

 他者と競い合ったり、常に戦力増強に向けて全力で走り続けないのであれば、それなりに万人向けのゲームだと想います。
 ……計算式など調べず強くなれなくて飽きないとは言っていない。
ネトゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】千年戦争アイギス【ネトゲ】

c30fabf87f323482fde8aa2c83041ad8.png


 本格的タワーディフェンスRPGが登場!

 突如として復活した魔物の軍団に国を滅ぼされた王子となって
 個性豊かなユニットを指揮して敵を迎え撃て!

 過酷な戦いを勝ち抜く鍵は仲間たちとの信頼だ!
 あなたを慕う女性達との親密度、頼れる男たちとの
 信頼度があがると能力がアップする!
 さあ!愛と信頼と戦略で世界を守り抜け!  ――公式サイト


 DMM運営のタワーディフェンス。R-18版も一応あるのでエロゲー分類。
 特徴としては近接キャラが完全に敵の足を止めて、ダメージを受けるそのキャラを回復キャラが支援し、弓などの遠距離キャラがブロックしている敵、拠点に近づく敵を寄る前に倒す……的なRPGチックなシステムでしょうか。わたしはそれなりにTD系触ってきたつもりですが、完全に足を止めさせる前提のゲームはここが初めて。


 最高レアリティ、ブラック(以下黒)のキャラがガチャ出て暴れまわったり、無慈悲にもガチャから黒の確率が上昇するキャンペーンや天井システムなど一切無く、安定のソシャゲに対するゲームとしてどうなの?? という意見が出るものですがここは視野を変えましょう。

 結晶(課金アイテム)はガチャではなく序盤の育成に使えと八割の先駆者は言います。運良く黒を引き当てても育成リソースが他レアより高い上、黒は3%と現実的な確率じゃないのでさっさとイベントを十分に回れるほどの下地をガチャ一回回す結晶を五個割って作りましょう、わたしもそう思います。
 黒はイベント限定キャラが稀に実装されますし、その一つ下のプラチナ(以下白)でも十分イベントは最高難易度回ることが可能です(報酬がおまけ程度になるチャレンジャー向けイベントを除く)
 実質ほぼ全てのイベントは、それらのイベントから手に入る白キャラで十二分に遊べますし、育成コストとレアリティの低い金や銀といったユニットも序盤から、縛りプレイ、出撃制限のあるマップ、あるいは低レアが最適解になる……など長い間お世話になるでしょう。
 イベントを十分に回れるまでの段取り、黒手前の白で高難易度イベントやストーリーで頭を悩ませる楽しさ、たまに余裕が出ればガチャを回してみるのも一興ではないでしょうか。

 ゲームバランスは頻繁にアップデートされることや、黒という独自のクラスを築く面々から目を背けることで高い方の一定水準を保てています(黒自体の存在を許容しないわけではなく、エースとしての運用や例の高難易度イベントでは驚くバランス調整を感じることができる)
 じゃあソシャゲで重要なイラスト、キャラはどうなの? と問われれば数が多いので当たりもハズレも多いとしか……。
 声優? 無いよ? 色々なイラストレーターが担当しているキャラ達は、戦闘時昔懐かしいドット絵が用意されています。こちらはアイギス運営が専属の方を抱えているようで、非常に安定しドット絵より3DCGのほうが製作コストが安い昨今の情勢で一部コアなファンを掴んでます。嬉しい。
 キャラの容姿は割とクラスや種族の差があり差別化できているものの、性格や口調、登場時のイベントで見せるキャラ性は既存キャラに既視感を覚えることも少なくないです。好感度上げた時の会話ではたまに目を見張るものがあるけれど。
 男性向けの魅力的な男性キャラを揃えているのも特徴ですね。エロゲなのに――エロゲなのに!


 ドット絵やタワーディフェンス、頭を使ってプレイするゲームが好きならお勧め。起きた時と寝る前ぐらいに見れば行動力もあふれないので時間的拘束も少ないです。
 気の迷いでガチャって、運良く高レアリティのキャラが出たらエースになれると思うので愛着や爽快感も味わえるかも……出る運と、脳死と言われない程度のプレイスキルが必要ですが。流石にガチャ黒出ようが、そのキャラで全部解決!は無理。


 以下酷く個人的な感想。
ネトゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】艦隊これくしょん【ネトゲ】

bnr_854854.jpg


 『艦隊これくしょん -艦これ-』は、DMM.comと角川ゲームスが共同開発した、新しいタイプのソーシャルゲームです。
 旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、無敵の連合艦隊を目指す育成シミュレーションゲームです。  ――公式サイト


 とある絵師さんの起こした珍事がきっかけで、元々特定のファンから支持を集めていたもののDMMの名前と共に世に名を知らしめた艦これ(個人的見解)
 無課金、微課金に非常に優しいゲーム設計がポイントで、ゲーム自体は戦力を増強し、編成や装備などを最適化し確率を上げて、あとは試行回数を重ねてステージクリアを目指すという独特のゲームバランス設計を見せている。
 用意に最大に到達する攻撃力や防御力は前提として、レベルでコツコツ上がっていくのは命中回避ととことん運ゲーのバランスと取ろうとしている狙いが見える。

 あまり課金は必要無いのだが、グラブル同様時間泥棒のゲーム。兎にも角にもゲームを放置しながら張り付いて資材を集め、不確定なレシピに資材を投入し装備やキャラを整え、レベル上げたり装備鍛えた後もステージ攻略に向けて試行回数と知識で殴る……個人的には素晴らしいデザインと思うがやはり人は選ぶか。
 第二次世界大戦時の日本海軍情勢を知らなくとも、単に可愛い女の子が戦うゲームとして楽しめますし、わたしのように後からどうして「こんなセリフを言うんだろう?」「何故こんな姿なんだろう?」と気になり調べてみれば実在した軍艦の知識が増えていったり。
 高品質なBGMも多く、メディア展開、二次創作も盛ん。まだ触れていない方は癖のあるゲームシステムに少し警戒しつつ、一度は触ってみて欲しい作品。


 以下日記のような何か。
ネトゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)