FC2ブログ
TOP ≫ CATEGORY ≫ フリゲ
CATEGORY ≫ フリゲ
       次ページ ≫

【感想】END ROLL【フリゲ】

ER01.png
  ――公式サイト


『後悔を、始めよう』

 至極の鬱ゲー。
 始まる前から見えている帰結、救いなどどこにもあるはずもなく。

 ストーリー、キャラ、音楽、雰囲気全てが高品質。
 テキストや演出も巧く、序盤で既に予測できる筋道と約束されたオチをそれでも琴線揺るがすパワー。
 ゲームバランスも戦術を練るか、Lvを上げるゴリ押しかを択れる塩梅。


 以下ネタバレ込みでの感想。
スポンサーサイト
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】ローグライクまとめ【フリゲ】

## はじめに

 今までプレイしてきておもしろかったと感じたローグライクゲームの感想です。
 紹介タイトルは、
 『Dungeon Crawl』『Tales of Maj'Eyal(ToME4)』『Cataclysm:DDA』
 『変愚蛮怒』『Elona』『片道勇者』
 です。

# ローグライクとは?

 キャラクターの死=ロスト
 キャラクターや世界のセーブデータが削除されたり、プレイヤー自身の知識やスキルで徐々にゲームを進めるようになるシビアなバランス、速度に比例して入力するまで共に動かないシステム等が特徴のゲームジャンルです。
 厳密に括られているわけでなく、今回近しいElonaも含め紹介しているので知らない方は似たようなゲームをまとめた程度に思っていてください。

# 用語集

 書いている途中で変換が面倒で放棄したのでここにまとめます。

 『*勝利*』ゲームクリア。ラスボスを倒したり、アイテム取得などの条件を満たしたり。
 『@』プレイヤーキャラクター、主人公の事。
 『ヴァリアント』改造版。作者によりソースが公開されて、有志による派生作品、別バージョン。

# 一律して

 全て日本語対応しているタイトルのみ挙げています。
 ただ海外産の場合、入手は海外サイトから外国語を掻き分ける必要があったり、日本語化に何らかの手順が必要だったりするのでそういう作品は一度wikiの導入方法などの項目を辿った方が確実です。
 このため貼っているリンクは日本語wikiだけだったり、公式サイトだけだったり、公式サイト+wiki全盛りだったりしますが紹介に良いと思う形を取らせてもらいました。

 ローグ系と言えば文字だけで作られたハッカー用のゲーム……という始まりの認識がある方も居ると思いますが、今回挙げたタイトルは全てグラフィックを設定できます。
 初期で記号により表示されていたとしても、タイル設定等で見た目を変えられます。公式が同梱しているヘルプやwikiの設定項目などを確認して設定してください。

 全てフリーゲーム、無料でプレイできます。
 『Tales of Maj'Eyal(ToME4)』と『片道勇者』は追加要素を課金して解禁するような形式を取っています。
 職業や一部システムを追加するのみで、普通にゲームクリアは出来るのでもし気に入ったのであれば購入を検討してみてください。


 以下各作品詳細。
フリゲ | Comments (1) | Trackbacks (-)

【感想】フリゲ感想まとめ【フリゲ】

 フリゲの感想まとめです。


夏ゆめ彼方

夏ゆめ彼方
 田舎で神様を名乗る少女との交流に耽る将棋少年が主人公のノベルゲーム。
 ただメインテーマは"夢"になると思います。
 夢を追いかけている人、様々なクリエイターの皆様におすすめのゲームです。



ss01b.png

金リカ2
 RuinaオマージュのVIPRPG
 元ネタ好きで、VIPRPGに抵抗が無い方は是非。


 以下ネタバレ込みの感想を。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】湖岸の盲点【フリゲ】

top.jpg

 公式サイト


 犯人視点から物語が始まり、そこから主人公である小此木くんが登場し問題を解決していくミステリーノベルゲームに分類される。
 厳密にはタイトルは「小此木鶯太郎の事件簿『湖岸の盲点』」になるのだが、わたしはまだ湖岸の盲点しかプレイしていないのでこちらの方を今回は採用で。
 小此木鶯太郎の事件簿シリーズとしては第一作目で、なんかコミック化してたり後続に二作品出ているそうです。

 特徴としてはやはりミステリー物としては少ない犯人視点から物語が始まることに、所謂読者への挑戦状(ミステリー界隈でよくあるやつです)が作中で指摘されていない"犯人の犯した四つのミス"の指摘をプレイヤーに委ねられている事です。
 当然挑戦せず物語だけを読み進めても問題はないのですが、推理物好きでせっかく触れるのであれば、ギリギリ四つ全部わかるか? といった具合の難易度で、種明かしされた時も「あぁそうだった!」と納得させられてしまう塩梅なので是非挑戦してみましょう。
 ちなみにわたしの正答率は3/4でした。悔しい、非常に一足りなくて悔しい。


 湖岸の盲点のあらすじとしては、

『汚染された湖を融資を受け綺麗にした犯人が、融資してくれた恩人がリゾートホテルを建てようとするから犯行に至ってしまった……』

 です。
 丁寧な心理描写に、推理に不要なノイズは省かれつつも、綺麗な湖に関連する風景は明瞭に脳裏に描かれる背景、そして満を持して現れる主人公小此木くん。
 殺すまでは至らないものの気持ちはわかるぞ犯人……! 金銭的なメリットだけを追い求めていたわけではないんだよな被害者……! そしてそれを理解して罪を暴かなければならない刑事……!
 報われねえ! 湖に執着するが故に僅か狂ってしまった犯人と、少し描写が足りない上、掴みどころのない性格をしている主人公を除けば、どこもかしこも納得できる作品。
 あぁこんなエピソードを秘めた場所が実際にどこかにあるんだろうな、こうした事情から仕方無く発生してしまう犯罪もあるんだろうな、人間だもの犯行に至る際そのようなミスをするよな、と郷愁にも似た感情すら抱く。


 ――故に、最後のミスを指摘するシーン、夜の湖でのシーンは苦しさを覚えないわけが無く。


 短いし無料なので推理物好きな人にお勧め、推理抜きにし単純に読み物としても十分価値があるかと。


 最後に。
 やはり3wのWhydunitは大切だなぁ(しみじみ)
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】妖刀伝【フリゲ】

10879_2.jpg


 むかしむかし、一振りの妖刀があった。
 その刀を手にした者は、例外なく呪われた運命を辿るという・・・

 さあ、今日もまた妖刀が目覚めようとしている。
 あなたは、どのような物語を紡ぎだすだろうか。  ――DLサイト



 狭い街に、ほぼ一点のみのエンディングながらも、攻略手順、ロールプレイに自由が効くフリーシナリオRPG
 ある程度限られているからこそ、作品は削磨され、プレイヤーも飽きることなく数えられる手札をどう切るか考えるのだなぁと感心させられるほど。

 誰一人善人を殺めることなくグッドエンドに向かうのもよし、無辜の民を一人残さず虐殺してもよし、如何に早く中断エンディング以外を迎えるか試してもよし、とフリー(自由)シナリオならではでフリーダム(無秩序)に遊べる。
 虐殺ルートにも行く気マンマンだったが、一人残さず殺すことが所謂TrueENDより難しいことに気づいた時点で、心地の良かったグッドエンドだけで終わろうと断念……皆殺しを果たすには一度も乗り移っちゃダメってのは盲点だったな!安易に最強キャラに乗り移って暴れようとしたわたしが悪かった!

 実績やサイドストーリーも多々ありボリュームも申し分無し。
 メインのストーリーはよくもまぁこんな"奇天烈なコンセプト"で"綺麗な王道"かましてるなと驚くほど。
 上記のジレンマが最大の驚きではあるので、メインストーリー自体にハッとするような仕掛けはあまりないものの、全体的にわかりやすく&気持ちよく綺麗にまとめてくれるうえ、要所ではしっかりと驚くような演出を見せてくれる。


 フリーシナリオ好き、どのように攻略するか段取りを組むのが好き、というか妖刀になりたい、そんな人にお勧めのゲーム。
 ……最後は雑になったが、斬るor乗り移るという画期的なコンセプトに惹かれとりあえず触ってみたらわたしははまったので、皆さんも何となく惹かれる場所があったら触ろう。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)