FC2ブログ
TOP ≫ TD
TAG ≫ TD
      

【感想】千年戦争アイギス【ネトゲ】

c30fabf87f323482fde8aa2c83041ad8.png


 本格的タワーディフェンスRPGが登場!

 突如として復活した魔物の軍団に国を滅ぼされた王子となって
 個性豊かなユニットを指揮して敵を迎え撃て!

 過酷な戦いを勝ち抜く鍵は仲間たちとの信頼だ!
 あなたを慕う女性達との親密度、頼れる男たちとの
 信頼度があがると能力がアップする!
 さあ!愛と信頼と戦略で世界を守り抜け!  ――公式サイト


 DMM運営のタワーディフェンス。R-18版も一応あるのでエロゲー分類。
 特徴としては近接キャラが完全に敵の足を止めて、ダメージを受けるそのキャラを回復キャラが支援し、弓などの遠距離キャラがブロックしている敵、拠点に近づく敵を寄る前に倒す……的なRPGチックなシステムでしょうか。わたしはそれなりにTD系触ってきたつもりですが、完全に足を止めさせる前提のゲームはここが初めて。


 最高レアリティ、ブラック(以下黒)のキャラがガチャ出て暴れまわったり、無慈悲にもガチャから黒の確率が上昇するキャンペーンや天井システムなど一切無く、安定のソシャゲに対するゲームとしてどうなの?? という意見が出るものですがここは視野を変えましょう。

 結晶(課金アイテム)はガチャではなく序盤の育成に使えと八割の先駆者は言います。運良く黒を引き当てても育成リソースが他レアより高い上、黒は3%と現実的な確率じゃないのでさっさとイベントを十分に回れるほどの下地をガチャ一回回す結晶を五個割って作りましょう、わたしもそう思います。
 黒はイベント限定キャラが稀に実装されますし、その一つ下のプラチナ(以下白)でも十分イベントは最高難易度回ることが可能です(報酬がおまけ程度になるチャレンジャー向けイベントを除く)
 実質ほぼ全てのイベントは、それらのイベントから手に入る白キャラで十二分に遊べますし、育成コストとレアリティの低い金や銀といったユニットも序盤から、縛りプレイ、出撃制限のあるマップ、あるいは低レアが最適解になる……など長い間お世話になるでしょう。
 イベントを十分に回れるまでの段取り、黒手前の白で高難易度イベントやストーリーで頭を悩ませる楽しさ、たまに余裕が出ればガチャを回してみるのも一興ではないでしょうか。

 ゲームバランスは頻繁にアップデートされることや、黒という独自のクラスを築く面々から目を背けることで高い方の一定水準を保てています(黒自体の存在を許容しないわけではなく、エースとしての運用や例の高難易度イベントでは驚くバランス調整を感じることができる)
 じゃあソシャゲで重要なイラスト、キャラはどうなの? と問われれば数が多いので当たりもハズレも多いとしか……。
 声優? 無いよ? 色々なイラストレーターが担当しているキャラ達は、戦闘時昔懐かしいドット絵が用意されています。こちらはアイギス運営が専属の方を抱えているようで、非常に安定しドット絵より3DCGのほうが製作コストが安い昨今の情勢で一部コアなファンを掴んでます。嬉しい。
 キャラの容姿は割とクラスや種族の差があり差別化できているものの、性格や口調、登場時のイベントで見せるキャラ性は既存キャラに既視感を覚えることも少なくないです。好感度上げた時の会話ではたまに目を見張るものがあるけれど。
 男性向けの魅力的な男性キャラを揃えているのも特徴ですね。エロゲなのに――エロゲなのに!


 ドット絵やタワーディフェンス、頭を使ってプレイするゲームが好きならお勧め。起きた時と寝る前ぐらいに見れば行動力もあふれないので時間的拘束も少ないです。
 気の迷いでガチャって、運良く高レアリティのキャラが出たらエースになれると思うので愛着や爽快感も味わえるかも……出る運と、脳死と言われない程度のプレイスキルが必要ですが。流石にガチャ黒出ようが、そのキャラで全部解決!は無理。


 以下酷く個人的な感想。
スポンサーサイト
ネトゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)