FC2ブログ
TOP ≫ ミリタリー
TAG ≫ ミリタリー
      

【感想】ローグライクまとめ【フリゲ】

## はじめに

 今までプレイしてきておもしろかったと感じたローグライクゲームの感想です。
 紹介タイトルは、
 『Dungeon Crawl』『Tales of Maj'Eyal(ToME4)』『Cataclysm:DDA』
 『変愚蛮怒』『Elona』『片道勇者』
 です。

# ローグライクとは?

 キャラクターの死=ロスト
 キャラクターや世界のセーブデータが削除されたり、プレイヤー自身の知識やスキルで徐々にゲームを進めるようになるシビアなバランス、速度に比例して入力するまで共に動かないシステム等が特徴のゲームジャンルです。
 厳密に括られているわけでなく、今回近しいElonaも含め紹介しているので知らない方は似たようなゲームをまとめた程度に思っていてください。

# 用語集

 書いている途中で変換が面倒で放棄したのでここにまとめます。

 『*勝利*』ゲームクリア。ラスボスを倒したり、アイテム取得などの条件を満たしたり。
 『@』プレイヤーキャラクター、主人公の事。
 『ヴァリアント』改造版。作者によりソースが公開されて、有志による派生作品、別バージョン。

# 一律して

 全て日本語対応しているタイトルのみ挙げています。
 ただ海外産の場合、入手は海外サイトから外国語を掻き分ける必要があったり、日本語化に何らかの手順が必要だったりするのでそういう作品は一度wikiの導入方法などの項目を辿った方が確実です。
 このため貼っているリンクは日本語wikiだけだったり、公式サイトだけだったり、公式サイト+wiki全盛りだったりしますが紹介に良いと思う形を取らせてもらいました。

 ローグ系と言えば文字だけで作られたハッカー用のゲーム……という始まりの認識がある方も居ると思いますが、今回挙げたタイトルは全てグラフィックを設定できます。
 初期で記号により表示されていたとしても、タイル設定等で見た目を変えられます。公式が同梱しているヘルプやwikiの設定項目などを確認して設定してください。

 全てフリーゲーム、無料でプレイできます。
 『Tales of Maj'Eyal(ToME4)』と『片道勇者』は追加要素を課金して解禁するような形式を取っています。
 職業や一部システムを追加するのみで、普通にゲームクリアは出来るのでもし気に入ったのであれば購入を検討してみてください。


 以下各作品詳細。
スポンサーサイト
フリゲ | Comments (1) | Trackbacks (-)

【感想】Fallout 4【steam&cs】

Fallout4.jpg

 steam公式。
 PlayStation 4、Xbox One版もあり。PC版も日本語対応済み。


 世界観を瞬時に理解できる導入から、息を吐く間もないほどの怒涛の展開。
 ようやく地下から外に出てみれば、核戦争と長い年月によりすっかり変わり果てた世界が待ち受けこう言うんだ。
 好きに生きていいよ……って。

 チュートリアル終えた段階でもう自由です。
 一応主目的や、それに付随する四組織を主軸にしたメインストーリーはありますが、まぁ全部無視して宝探しも良し、見つけたガラクタで町を造っても良し、気に入った仲間と共に世界中のロケーションを巡るのも良し。
 困っている人を助ける善人になるもの良ければ、無辜の民虐殺を目指す悪人ロールも良し。何でもできますし、何してもいいですが、ゲームはある程度道筋が無いと困るタイプの人は注意。

 アクション性は相変わらずリアル寄りでも、爽快感あるタイプでもない微妙な所。昔と比べたらだいぶ改善されてきましたが。
 UIやロード時間も問題ありますが、まぁこの辺は最悪modで。

 ロールプレイは主人公に声が付いていたり、過去があったりするので完全に無だった前作と違い困る人がいるそうです。わたしはこの程度ならば気にならないので世界観や好きなキャラ、システムが多い今作が気に入りました。
 建造物を作り出せるクラフト要素はまぁ別にあっても無くてもどっちでも良かったんですが、拾ったジャンクで銃やパワーアーマーの改造が行え、好みのプレイスタイルに合わせてステータス含めカスタマイズできるのは非常に楽しかった。

 簡単な紹介になってしまいましたが、核戦争後のヒャッハーな世界で生きる箱庭&サバイバル、様々な銃器やあえて近接武器を改良して戦っても良いミリタリーな要素、キャラメイクからプレイ方針まで自由なゲームに惹かれたのならばおすすめです。
 上記に挙げたデメリット以外は要求スペックが高い事、値段が定価を維持(steam販売は度々セール対象にはなる)時間泥棒な点ですね。
 割と欠点挙げていますが気にならないほど素晴らしいゲームで個人的評価は高いです。


 以下ネタバレ込みの感想を。
steam | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】結晶石と錬金銃【フリゲ】


0100a.png


 とある世界の錬金術と傭兵産業が栄える国。
 その国でも小さい領シャンノース。最近は
 希少品の『結晶石』がずいぶんと落ちているが?  ――公式サイト


9999.png


 非常に珍しい2Dガンシューティング。
 商業作品を持ち出すならタイムクライシスシリーズから、隠れるアクションを取ったり、グラフィックの大きな動きを抑える代わりに、特定条件で見せる弱点や攻撃動作に入った敵を集中的に攻撃して行動阻害、ブレイクするシステム、弱点属性で攻撃せねば有効打にならないなど戦術的な要素を重視している。
 驚くことに前例が無いシステム(わたしは知らない)でバランス調整に成功しており、声優の起用やオリジナルグラフィックの多様と、フリーゲームで発表したことに様々な方面のこだわりを感じさせる。

 ストーリーは開発の川崎部特有の独特な世界観を持ったまま、メタい発言を自然に作品に溶け込ませられるようなスタッフの性癖丸出しのキャラクター達。
 とんでもない次元で話を進めていくのだがプレイヤーが置いていかれる事は無く、実績を満たすことで開放できるエピソードや各話で一歩一歩進む展開で理解しやすい造りになっている。多分理解しないでも流れで楽しめる。
 エンターテイメント性は壮大(マクロ)に繰り広げられる物語で遺憾無く発揮され、その裏で伝えたいメッセージ性は実際のところ非常にミクロで共感を覚えやすい。
 独特の世界設定から盛り上げやすい展開はもちろん、王道の要所要所おさえる箇所はしっかりとおさえてくれて、クライマックスでは没入感すら吹っ飛びよくやってくれたとガッツポーズを決めたいほど。

 戦闘はWASDの四ボタンで武装を切り替え、マウスカーソルを合わせ左クリックで射撃、右クリックでリロード。
 操作や覚えるシステムは若干多く感じるかもしれないが、それら全てが必要になる頃は中盤に差し掛かっているだろうので上手くスキルアップできているはず。
 最悪詰まった場合は味方に助力を請うなり、最終奥義である資金の吹き飛ぶ錬金銃の引き金に指を伸ばそう。


 一部UIやマップに不満を感じるものの、全体的な出来は非常に良くて、
 気持ちの良いガンアクション、熱いストーリー、気になったキャラが居れば是非触っていただきたい作品。


 あと、銃。
 途中で気づいたがこれ銃好きになるゲームだわ。
 現実に存在する銃器をモデルに、製作者の名前が刻まれた銃。
 FPSと括られるミリタリーゲームでは、装弾数、リロード時間、リロード方法、発射間隔、威力、発射方式、射程(ここは無い)辺りまで設定されているが、このゲームは更に対物or対霊属性に加え、弱点を狙った際の倍率、弾の性質などファンタジー要素にあわせて追加されている。
 それも仕事で得た報酬から職人達に投資を行い、それぞれ個性を持った職人達が異なる理念を持ち銃を開発させていく。
 開発途中で迷走し武器の性質が大きく変わるタイミングが存在するのも面白ければ、投資段階に応じて添えられてくるメッセージも面白い。
 時折製作者本人が顔を見せサブシナリオの役割を果たすのも素晴らしいのだが、何より素晴らしいのはクライマックスにおける各員の動きに投資の最終メッセージ。

 恐らく好みのスタイルや、攻略に適した銃器編成を確立できるだろうが、様々な銃を触って、製作者のストーリーといった方面からもお気に入りの銃を見つけてほしいです。
 従来のFPSゲームを置いてここまで銃の特性を考え、それぞれの組み合わせを考えたのはアーマードコア4以来二度目(銃カスタムやRPの効くFalloutでは何故か近接メイン)


 以下ネタバレ込みの感想を。
フリゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】艦隊これくしょん【ネトゲ】

bnr_854854.jpg


 『艦隊これくしょん -艦これ-』は、DMM.comと角川ゲームスが共同開発した、新しいタイプのソーシャルゲームです。
 旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、無敵の連合艦隊を目指す育成シミュレーションゲームです。  ――公式サイト


 とある絵師さんの起こした珍事がきっかけで、元々特定のファンから支持を集めていたもののDMMの名前と共に世に名を知らしめた艦これ(個人的見解)
 無課金、微課金に非常に優しいゲーム設計がポイントで、ゲーム自体は戦力を増強し、編成や装備などを最適化し確率を上げて、あとは試行回数を重ねてステージクリアを目指すという独特のゲームバランス設計を見せている。
 用意に最大に到達する攻撃力や防御力は前提として、レベルでコツコツ上がっていくのは命中回避ととことん運ゲーのバランスと取ろうとしている狙いが見える。

 あまり課金は必要無いのだが、グラブル同様時間泥棒のゲーム。兎にも角にもゲームを放置しながら張り付いて資材を集め、不確定なレシピに資材を投入し装備やキャラを整え、レベル上げたり装備鍛えた後もステージ攻略に向けて試行回数と知識で殴る……個人的には素晴らしいデザインと思うがやはり人は選ぶか。
 第二次世界大戦時の日本海軍情勢を知らなくとも、単に可愛い女の子が戦うゲームとして楽しめますし、わたしのように後からどうして「こんなセリフを言うんだろう?」「何故こんな姿なんだろう?」と気になり調べてみれば実在した軍艦の知識が増えていったり。
 高品質なBGMも多く、メディア展開、二次創作も盛ん。まだ触れていない方は癖のあるゲームシステムに少し警戒しつつ、一度は触ってみて欲しい作品。


 以下日記のような何か。
ネトゲ | Comments (0) | Trackbacks (-)

【感想】GUNSLINGER GIRL【漫画】

51BGXX8TC203200_.jpg

 公式が無いのでamazonのリンク


 イタリアを舞台に、国家の裏側である組織で少女達が敵対組織相手に銃を取り戦う話――だと多少語弊がある。
 身体に障害があり集められた少女達は義体で体を構成し、偽りである体に脳を馴染ませるため、組織への忠誠を誓わせるために薬で洗脳を受けて、擬似的な兄達と共に自身の感情が偽りかそうでないかに疑問を覚えながら硝炎の香りと共に生きていく。

 ……重い、だいぶ重い。
 背景から既に重ければ、人は大勢死ぬし、最終巻の状況も一巻を思い返せばだいぶ酷い。

 ただ、血が散る生活の中にある僅かな平穏、撃ち出した銃弾の後ろ、主役達がすれ違う味のある悪役の足跡。
 そこに確かにあるのだ、消えかけの蝋燭の火の様な、夏の終わりに飛び交う蛍火のような何かが。
 それがどうしようもなく熱くさせる。他の作品のように驚愕する展開や、激動の物語を必要とせず胸や目頭を熱くさせるのだ。


 ミリタリー、鬱展開、薬漬けの義体で戦う少女。あとおそらく歴史や芸術に詳しければなおさら。
 この辺りに惹かれたのであればとりあえず一巻買ってみることをお勧めします、一巻のクオリティが最終である十五巻まで続くので。
 あまり漫画に触れることが少ないからか、長年漫画カテゴリ個人的一位を貫き続けているお勧めの作品です。


 以下ネタバレ込みの感想を。
漫画 | Comments (0) | Trackbacks (-)